Tour Information

【飛騨・信州編】 上高地散策と安曇野の自然を愉しむ3日間

日程

2021年7月14日(水)~16日(金)
  • JR名古屋駅発着コース
  • 添乗員同行プラン
受付状況:
募集中
観光地のご案内

●飛騨街道金山宿 筋骨めぐり(散策:約1時間30分予定)
筋骨とは、飛騨地方の呼び名で「路地裏」のことをいいます。江戸時代、飛騨街道の宿場町として栄えた金山町。人間の体に例え、筋肉と骨のように複雑に絡み合った細い裏路地は、今でもレトロな雰囲気を残しています。今回は地元ガイドの案内を聞きながらの散策をお楽しみいただきます。

●飛騨高山まつりの森(見学:約50分予定)
「日本三大美祭」の一つで、毎年春・秋に行なわれる高山祭。飛騨の匠たちによって作られた豪華絢爛な屋台を再現し、展示しています。ここでは約10分おきにからくり実演が行なわれており、高山祭の雰囲気を年中いつでも楽しめるようになっています。

●上高地(自由散策:約2時間予定)
7月の日中の最高気温が20℃前後という、避暑地と呼ぶにふさわしい、標高1500mの山岳地です。穂高連峰の雪解け水が流れる梓川の美しさ、焼岳や穂高連峰が目の前に迫る景色を存分にお楽しみください。今回は、大正池付近でバスを停車させ、河童橋までの約3kmを散策していただく予定です。長距離の散策がご心配な場合には、大正池で下車せず、観光バス駐車場までご乗車いただくこともできます。駐車場から約10分歩き、河童橋周辺の散策をお楽しみいただくこともできます。

●安曇野ちひろ美術館(見学:約1時間15分予定)
絵本画家、いわさきちひろや世界の絵本作家の作品を展示する美術館です。施設は木のぬくもりが感じられ、絵本が読める図書室や田園風景を眺めながらのんびりとくつろげるカフェもあります。

旅のポイント!

①夏の暑さをしばらく忘れ、山の自然に親しむ企画です。
②2日目の上高地では、焼岳や穂高連峰が迫る、大自然の中の散策をお楽しみください。
③1日目は、迷路のような路地裏をめぐる飛騨金山の筋骨めぐり、3日目は北アルプスを望む安曇野ちひろ美術館へご案内。
④行程の管理も安心な全行程添乗員同行プランです。

ご旅行代金(メンバー・オーナー様共通)

2~3名1室
お一人様  63,000円

(1名1室ご利用時の場合8,000円の追加となります)

ポイントカードお一人様につき60ポイントたまります。

スケジュール

① JR名古屋駅(13:00)⇒飛騨街道金山宿 筋骨めぐり(散策)⇒ホテル(17:30頃)
宿泊:ダイヤモンド下呂温泉ソサエティ

② ホテル(9:00)⇒飛騨高山まつりの森(見学)⇒上高地(自由散策)⇒ホテル(17:30頃)
宿泊:ダイヤモンドあずみ野温泉ホテル

③ ホテル(9:00)⇒安曇野ちひろ美術館(見学)⇒お土産ショッピング⇒JR名古屋駅(17:00頃)

その他詳細

■募集人数/22名 
■最少催行人数/15名 
■旅行日数/2泊3日 
■添乗員/同行 
■食事条件/朝食2回・昼食2回・夕食2回 
■宿泊場所/下呂:ダイヤモンド下呂温泉ソサエティ(洋室利用)
      安曇野:ダイヤモンドあずみ野温泉ホテル(和洋室または洋室利用)
■発地/JR名古屋駅 ※各自のご集合となります 
■着地/JR名古屋駅
■利用バス会社/名鉄観光バス、岐阜バス、知多バス

PDFをダウンロードする