Tour Information

~大自然と絶景を満喫~ 奄美大島3日間 【大阪発着コース】

日程

2022年3月15日(火)~17日(木)
  • 大阪(伊丹)空港発着コース
  • 添乗員同行プラン
受付状況:
募集中
観光地のご案内

●あやまる岬(見学:約30分予定)
奄美大島の北東部に位置する太平洋に突き出した岬で、奄美十景の一つとなっています。こんもりと丸い地形が綾に織りなす「まり」に似ていることから名付けられたといわれています。

●ホノホシ海岸(見学:約30分予定)
打ち寄せる波が荒いため、浜辺の石が丸い玉石になっていることが特徴の海岸です。波に玉石がさらわれるたびに鳴るゴロゴロという変わった音は、普通の海岸で聞くことはできず、他の海とは一味違ったものを感じることができます。

●水中観光船せと(乗船:約30分予定)
神秘の島、奄美大島南部の大島海峡を半潜水式の船で海中散歩。出港後しばらくはデッキ部分で大島海峡の景色を楽しみ、海中ポイントへ到着し階段を下りると、サンゴ礁や熱帯魚を身近に観察することができます。

●マングローブ原生林クルーズ(乗船:約1時間予定)
奄美大島のマングローブ原生林は、西表島に次いで日本で2番目の広さを誇ります。この原生林を観光遊覧船に乗ってのんびり楽しんでいただきます。

●大浜海浜公園・奄美海洋展示館(見学:約1時間予定)
大浜海浜公園内にある奄美海洋展示館は、「海と人との共生」をテーマに、奄美の人びとの暮らしと海の深い関わりを知ることができる施設です。大水槽ではウミガメや熱帯魚がゆったりと泳ぐ姿がご覧いただけます。

●大島紬村(見学:約50分予定)
日本を代表する伝統工芸品、本場奄美大島紬の製造工程が見学できます。また、貴重な奄美の動植物が生息する亜熱帯植物園もご覧いただけます。

旅のポイント!

奄美大島は鹿児島本土と沖縄本島のほぼ中間の洋上に位置し、日本の離島の中では佐渡島に次ぐ2番目の大きさです。
日本で2番目に広いマングローブ林やアマミノクロウサギに代表される絶滅が危惧される固有種、「アマミブルー」と呼ばれる透明度の高い海には美しいサンゴ礁が広がり、奄美は自然の宝庫です。
今回のツアーでは、その豊かな自然を満喫できるような代表的なスポットをめぐります。
飛行機は往復ともに直行便利用で移動もらくらく。
ホテルはゆったりと2連泊。
奄美滞在中に利用するバスの座席は、お一人2席使用で席割りをし、密になる状態を避けるように致します。
全行程添乗員同行の安心スケジュールで旅行をお楽しみください。

ご旅行代金(メンバー・オーナー様共通)


1~3名1室利用・お一人様 105,000円
※1室のご利用人数によりホテルのお部屋タイプが変わります。

ポイントカードお一人様につき100ポイントたまります。

スケジュール

① 大阪・伊丹空港(午前) ✈【直行便利用】✈ 奄美空港 == あやまる岬(見学) ==(途中、昼食) == 大浜海浜公園・奄美
海洋展示館(見学) ==  ホテル(16時頃) 
                         宿泊:奄美山羊島ホテル
 
② ホテル(8時40分) == ホノホシ海岸(見学) == 水中観光船せと(乗船) == マングローブ原生林クルーズ(乗船) ==
ホテル(16時30分頃)
宿泊:奄美山羊島ホテル
 
③ ホテル(9時) == 大島紬村(見学) == 奄美空港(10時30分頃)
  奄美空港(午後) ✈【直行便利用】✈ 大阪・伊丹空港
※昼食は自由食となっております

※交通事情によりスケジュール及び帰着時間が変更になる場合がございます。

宿泊ホテルのご案内

★奄美山羊島ホテル★
奄美大島の海の玄関口、名瀬湾に浮かぶ島・「山羊島」にあるホテルです。ターコイズブルーの三角屋根が特徴の建物で、静寂に包まれた離れ小島での滞在をご堪能ください。
お部屋は、フェリーの入出港や名瀬市街地の夜景を眺めることができる名瀬新港側、 29㎡のツインルームです。(2~3名1室利用の場合)
最上階には大浴場、露天風呂があり、こちらからも海の眺めを楽しむことができます。
ホテルは連泊ですので、夕食は和食のコースと洋食のコースで変化をつけてご用意します。

その他詳細

■ 募集人数 / 17名 
■ 最少催行人数 / 10名 
■ 旅行日数 / 2泊3日 
■ 添乗員 / 同行 
■ 食事条件 / 朝食2回・昼食2回・夕食2回 
■ 宿泊場所 / 奄美山羊島ホテル(洋室利用)
■ 発着地 / 大阪(伊丹)空港 
■ 利用バス会社 / しまバス、大島タクシー

・このコースは大阪(伊丹)空港発・解散のツアーです。大阪(伊丹)空港までは各自お越しください。
・交通や天候の事情によりスケジュール及び帰着時間が変更になる場合がございます。
・見学は歩きやすい履物でご参加ください。